メニュー

お任せください



〒386-1102
長野県上田市上田原
1006-10
TEL 0268-71-0083
FAX 0268-23-0332
E-Mail info@h-t-b.net


アクセスカウンター

today
yesterday
total
2017 | 02
2016 | 09 | 10
2015 | 01 | 02 | 06 | 09 | 10
2014 | 02 | 07 | 08 | 10 | 12
2013 | 04 | 05 | 07 | 09 | 10 | 11
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2011 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 | 12
2010 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2009 | 10 | 11 | 12
ブログ  
2012年3月27日(火曜日)
ユニットバス 浴室 壁 パネル施工 21:22   admin 
 
 塗装では再生出来ない、ユニットバスの傷んだ壁面をパネル張り施工させて頂きました。

 既存パネル表面のフィルムが劣化し、ボロボロと落ちてきます。

 この上に直接の施工は良くありませんので、スクレイパー等で劣化したフィルムを全面剥離し、接着できる状態まで下地を調整してからの施工です。


 


 (施工前)








 (施工後)

 写真クリックで拡大ご覧いただけます。







 (施工前)

 水、湿気の影響で、表面が傷んでいます。





 
 (施工後)

 




 
 
 (施工後)







 
 工法で使用するパネルは、水回りに強く、防カビ抗菌加工も施してあり、施工後の浴室の保温性も高めます。解体作業は必要とせず、タイル、モルタル、塩ビ鋼板、合板等の各種下地の上から施工出来ます。

 在来浴室の古めかしい雰囲気を、デザイン性の高い浴室にイメージチェンジ!!!っていう事も可能です。


 お気軽にご相談下さい。

  
  <林塗装・防水>
  TEL 0268−71−0083   メール info@h-t-b.net
******************************




2012年3月25日(日曜日)
浴槽 割れ ヒビ 修理 FRP 16:20   admin 
 
  お世話様です。

 40年以上使用のFRP浴槽の再生塗装、洗い場の新規タイル張りを施工させて頂きました。浴槽は、深いクラック、割れ、ブリスター(膨れ)と全て揃っていてます(涙)。

 
 一部、15センチほどバッサリと割れておりました。いつまでもジワジワと水が滲み出てくるので、「ギュイーン」と切開してみたところ・・・、あれ!?、どして?、なんで水が溜まってんのっ!!??

 割れた個所の少し下に5カ所ほど穴あけしてみると・・・、ビョー!!!と溜まった水が関を切ったように噴き出してきました(驚き!)。古いタイプの浴槽です。立面中間部より上の漏水は、内側に溜まってしまう内部構造になっていたようです。
 
 乾燥と穴をあけた部分の補修作業で、初日のライニングは断念します。

 

 長期間の水分、温水との接触で表面のゲルコート層はかなり脆くなっています。サンディング後の直接のライニングは危険なので、少し手を加えます。この「少し」が結構大切です。

 
 強度の問題をクリアしなければならないので、今回はクロスではなく、全面にガラスマットの積層です。含浸、面出しの苦労は覚悟出来てのうえでーす(涙)。




 (施工前)

 写真クリックで拡大ご覧いただけます。





 
 (施工後)
 
 面出し作業後はいつも通り。カラーコーティングで完成です。







 (フランジ 施工前)








 (フランジ 施工後)

 少しピンぼけです・・・。ご容赦下さい。







 (施工前) 

 





 
 (施工後)








 

 (洗い場 施工前)

 写真クリックで拡大ご覧いただけます。 






 (洗い場 施工後)

 洗い場は、冬場の足元の冷たさを軽減できる、サーモタイルの新規張りです。






 これまで過酷な劣化状態の浴槽も、色々と再生してきました。そんなおかげもありまして、最近はどんな劣化具合を見てもあまり驚かなくなっている自分がいます・・・。良いことなのか??? よくない事なのか??? 

  う〜ん。


 どちらにせよ、流すような仕事はせずに、真摯な施工に努めていこうと思っています!




2012年3月09日(金曜日)
浴槽 浴室 塗装工事 14:51   admin 
 
 お世話様です。

 春めいた日が増えつつあります。雪は雨に変わり、長かった冬も終わりを感じます。浴槽の塗装工事に。




 現場です。







 
 底面、追い炊き口の周りに剥離があります。







 最初は鋼板ホーローの浴槽かと・・・、いやっ違う!!!、
そしたらカラーステンレスか・・・!?、でも塗装(被膜)の感じがいつもとなんか違う・・・。(なんだろ〜?)

 調べると、「〇〇製アルミバス」と書いてある。アルミバス・・・???(ってなんですか???)


 聞いてみると結構レアな浴槽らしい。


 どんな方法で塗装(被膜)処理されているのか不明。とりあえず物理的研磨作業に。

 
 削り始めてから、「んん〜、この被膜残しておくのはまずそうだぞ・・・。」そう思い、「おりゃっ!!!」と全剥離。
(プライマーを吹き終えた後に、この被膜を全剥離して良かったと実感します。基本的に迷ったら全部剥ぐ!!!です。)




 カラーコーティングにて完成です。







 










 施工前の壁面









 防カビタイプの塗料をローラーでコロコロ。





 
 
 浴室全体のシーリング(コーキング)もすべて打ち替えて、お引渡しとなりました。

 
 残り5室の浴槽コーティングも頼まれていますので、「レア」であるはずのアルミバスと、定期的に顔合わせ出来そうです。

 
 明日からは、少し建築塗装が続きます。


 
 浴室・浴槽塗装、建築塗装工事、防水工事のことでお困りのことございましたら、お気軽にご相談下さい。

 <お問い合わせ> 0268−71−0083






(1) 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.