日曜日

今日は現場を2つ。掛け持ちで仕上げてきました。午前中は、改築されたお宅の室内木部(腰板、棚、枠周り)を、自然保護塗料で塗装。

(頼りがいのある私の弟です。)

その後、先日から着工していた小学校の防水工事を仕上げてきました。アングルとの取り合い、笠木との取り合いをシリコンシーリング材で充填、ならし。完璧です。

(携帯のカメラで撮ったので、写りが悪くて・・・。)

この現場、既存のシートを撤去すると、下地までだいぶ痛んでしまっているじゃぁありませんか・・・。見積もりの段階では確認出来ませんでしたし・・・。予算は決まってしまっていても、仕上がりに大きな差が出てしまうので、持ち出しで補修することに決めました・・・。(涙)まあ、そんな時もありますね。

カチオン性無機下地調整材を使い、不陸を平滑にし、プライマー処理後、防水層と下地躯体とに追従性をもたせるため、それ専用の不飽和ポリエステル樹脂を積層。その後は、いつも通りライニング、仕上げです。

日曜日という事もあり、学校は静かでした。日曜日に仕事をするのは、嫌いじゃないんです。朝の車の通勤渋滞もありませんし、いつもより時間が穏やかにゆっくり流れているような気がするからです。そーは言っても・・・、最近チビちゃん達(娘2人)を、遊びに連れ出していってあげていない・・・・・・・。そろそろ何か企画してあげないといけません。

東京での研修会、新年会

2月6日(土)、東京の浜松町でのリグレーズ工業会講習会、新年会に参加して来ました。

私自身、リグレーズ工業に参入されている方たち(今回は、北は北海道、南は宮崎県から参加されていました。)とお会いするのは初めてのことですので、東京に向かう道中から言いようのない緊張感と、期待感に溢れんばかりでした。(大雪、渋滞で5時間に近い過酷なドライブでしたが・・・。)

最高レベルの実績とノウハウをお持ちであろう、三木森(株)戸嶋社長からの「浴槽塗装における過去から現在の過程、経営理念」といったご講義。國米社長(研修以来お会い出来ていませんでしたので、ちょうど5年ぶりの再会でした。)からの「分子結合、ブリスター」等の理論、解析。マルハコーポレーション(株)佐藤社長からの営業ツールにおける提案、などなど・・。浴槽塗装という分野で、第一線で活躍されている方々のお話の中では、過ぎてゆく時間も早すぎるほど・・・。

その後の新年会(懇親会)でもたくさんの方々とお話出来、有意義すぎるほどの時間でした。今回の講習会、工業会の方々との会話が、自分への「宿題」が明確になる<きっかけ>になったのは間違いありません。

また、浴室塗装における、熟練した技術、営業活動などを身に付けていく過程において、「リグレーズ工業会」の存在が心強いものであるのも間違えないことです。

今日7日(日)、東京からの帰りの道中(高速道路)は、経験したことの無いような凄まじく強烈な風・・・。

ハンドルがっしりっ!!!!

鼻歌まじりの楽しいドライブは、またしばらくおあづけです・・・。

次女の誕生日です。

安曇野市で取り掛かっていた、浴室タイル面、ステンレス浴槽塗装の最終日。

<床面は、新規タイル張りで施工しました。>

今日、2月4日は、次女の6歳の誕生日。(暦の上で、「立春」に誕生した子でしたので、生命力あふれる人になって欲しいと願い「わかば」と命名しました。姉の「いぶき」に願うことも同じです。)早めに家を出て、早めに完成させる予定が、最終チェックを終え、時計を見ると7時を過ぎてしまっている・・・!!!

や、やばい・・・・!!!!!

家では、誕生日会を楽しみに、子供も、妻も待っている。

急ぐ。急いで帰る。

いつもなら1時間半の道中を、ほぼ1時間で帰るからいつもより運転が粗い・・・。気持ちが急く。

子供は好き。頼りなくとも、汚れない純真な心を奪い去る権利は親にはないはず。

生命力あふれる子供に、育って欲しいと願う。

思い出します・・・。

2月~3月に向けての仕事も少しずつではありますが、決まってきたものもあり、ちょっとした安堵感を覚えた今日でした。住宅や、店舗の塗り替えといった大きな仕事ではありませんが、小さなことからコツコツと。

住宅の塗り替えというと、思い出すことがあります。独立してまだ数年という頃、社員を5人ほどかかえている知り合いの塗装屋さんから、某ハウスメーカーの塗り替えリフォームの仕事を、うちの下請けという形でやらないかと話をもらいました。条件が相当厳しく、あまり乗り気ではありませんでしたが、押しの強さと、まだ駆け出しで仕事も少なかったこともあり、引き受けました。

屋根、壁、軒、破風、雨どい、雨戸、飾りの役物。高圧洗浄から始まり、下塗り、上塗りと全工程の中で行い、1件施工した手間代が、20万円~25万円。塗料はメーカー持ちですが、その他の材料はすべて負担。工期は5日。駆け出しそうそう仕事の信用を失いたくはなかったので、「きれいに」、「丁寧に」という気持ちだけはしっかり持って立ち向かおうと思っていました。

1日2人工で進めていっても、5日の工期では大変です。雑費と手間代を引いて、自分の手間が取れるかどうか・・まして丁寧にと思っていたので、烈火のごとくこなすしかありません。この工事に携わっている間は、「眠りにつく」といった優しい就寝ではなく、「気絶」にちかいものでした・・・。

そんな現場を10ほどやったころでした。ある現場で、お施主さん(奥さん)が、3時の休みにとお茶を用意してくださいました。おばあちゃんの介護と、息子さんが大学に通っているので、家計のためと膨大な内職。表情に疲労が滲んでいるのが、僕にもわかりました。

その手を休めて、一緒にお茶を頂いていると、「メーカーの営業さんから、もう塗り替えなきゃダメだと言われ、お金ないけどねぇ・・・、高いもんなんだねぇ・・この工事で220万円よ。」と奥さん。

!!!!!!!!!えっ

面食らった後、すぐに訪れた強烈な脱力感。

自分がもらった手間代を差し引いても、足場仮設費、材料代を差し引いても、メーカーと、○○塗装さんが得たマージンは・・・

それに対してお施主さんが払った不透明な代金は・・・

せめてもと思い、さらに手を掛け、サービス工事までして、お引き渡しし、以来その現場を最後にこの仕事は断りました。営利目的とはいえ、ショックでした。

営業や、宣伝は小さくとも、技術に優れた若い職人さんはたくさんいらっしゃると思います。職歴20年、30年といったベテランの職人さんから比べれば、自分もまだまだ若造です。そんな若い世代の職人さんたちが、営利的な主体の小さな歯車として取り込まれ、その中でしか生業にならないような味気ない職人世界にだけはなってほしくないものです。

先ほど、岡山県の國米社長から電話を頂き、2月初旬にリグレーズ工業会の新年会、講習会が予定されていると御一報頂きました。とても楽しみにしています。

人工大理石の浴槽塗装

人工大理石浴槽の塗装工事に着工です。

全国的に寒い一日。現場の御代田町も、かなり寒い。日中でも、室温が3度までしかあがらず、水しか出ませんでしたから、手が冷たい、冷たい。

パール仕上げです。高級感ある仕上がりになりました。

30年以上使用したホーロー浴槽

一日を通してあまり陽も当たらず、肌寒い一日でした。今日は、昨日から作業に取り掛かっているホーロー浴槽の仕上げ段階でした。

(施工前の状態です。)築30年以上の浴室でしたので、浴槽、壁共にかなり傷んでしまっている状態でした。「少々てごわいな・・・。」と、最初はこんな感じです。\r\n\r\n サビ穴、無数のピンホールを入念なパテ処理と、研磨。繊細な作業です。

 

今日は、最終的な磨きだしと、シーリング工事を行い無事お引渡し。ばっちりです。

明日からは、10日間ほど一般建築での仕事が続きます。基本的には、外仕事になりそうなので、体調崩さないようまた気を引き締めなおして頑張ります。

インフルエンザが気になるこの頃ですが、皆さんもくれぐれもお気をつけ下さい。

お問い合わせはこちら。0268-71-0083